Friday, 21 August 2015

どらげない


英語 ver.の動画を見つけたのですが、Fukaseさんの発音が好印象。

奇抜な出で立ちとは裏腹(?)に、finally, versionの摩擦音 /f, v, ʒ/や、starryとbirdsの母音 /ɑː(r), əː(r)/の違いなど、基本に忠実な発音で歌われています。

細かいところを指摘しだせば、Lの舌先の押し付けが弱い感じがあったり、サビの Dragon night (x3)後の tonightで、弱音節の to-部分が担う音符が重すぎる印象はありますが、それでも英語学習者がモデルにするのに充分な素材。



こういった「J-Popの英語版」が良いのは、洋楽には馴染みがないという人でも、原曲のリズムとメロディーを知っていれば、英語の練習用素材として導入していきやすいということ。
日本語ではよく知っている(何ならカラオケで歌ったことがあるかもしれない)曲を、英語詞でも同じようにカッコよく歌い上げるためには、英語の音節・リズム・リンキングなどに意識を向けざるを得ない。

英語教師としては、「訳詞」でなくて良いので、同じ曲の日本語版と英語版を出してくれるアーティストは非常にありがたい存在です(^^)



★Here is the Path to Wonderland☆
トランシーバーで口元が隠れているのが惜しいくらいだ( ̄m ̄〃)


No comments:

Post a Comment