Monday, 28 December 2015

2016年のトレンドは英語試験のリニューアルらしい。

来年5月から TOEICが新形式に変更となるようですが、英検も2016年度第1回から各級(3級以外)リニューアルが行われるとのこと:
実用英語技能検定 2016年度第1回からのリニューアルのお知らせ
2級にライティングが追加されたり、1級ではPointsが消えて自分で考えをまとめる方向に変わるというのは、その理念通りに事が進めば好ましい変更だとは思うのですが、実際のところ懸念も多いですね。

自分で考えをまとめ、理由とともに意見をまとめる」形式やで?

通常の知的生活を送っていれば、英検1級の英作文のトピックとなるような話題に対する意見など、わざわざ英検協会にpointsを提示していただかなくとも構わないのではないか?と思うのだが…(実際、個人的にはpointsで縛られる方が面倒に思っていた)

しかし、「自分のアタマで考える」という習慣のない日本人英語学習者*の世界では、英検1級の対策といえば、もっぱら「過去問や英作文問題集の解答例を丸暗記して、そこからアイディアをパクってくる」という状況のようである。

現状ですらそうであるのだから、今回の形式変更によって、このような悪しき流れが加速していきそうだし、更には準1・2級受験者にも波及していく気配を感じる。

その結果、「自分で考えをまとめ」…という方向への形式変更のはずが、ますます「他人のアイディア丸パクリ」連中の増殖を生む結果になるのではないかと思えてならない。

試験ができるようになりたいのか、英語ができるようになりたいのか?

もちろん、「アウトプットのためには、まずインプットが大事」という考え方は理解できるし、もっと言えば自分の指導でも強調していることではある。

しかしそれは、あくまでも自分の意見・イイタイコトがあって、それを英語でどのように表現・構成するか?という段階になって参考にするためのことであり、自分の脳の働きの不足を他人様に補っていただくためにインプットをするということでは(当然ながら)ない。

試験のことだけを考えるならば、本当は合格するに値する実力のない者でも形だけ結果を得るためには、「模範」解答を丸暗記→転用というのがテスト方略になってしまうのかもしれないが、結局それで普段の英語使用の際にどうなるというのだろう?
また試験においても、たまたま勉強したトピックが出題されれば良いが、そうでなければ手も足も出ない(次の回で狙いのトピックが出題されるのを祈る)ということにしかならない。

英検1級を受験するのであれば、リーディング対策として…というか、そもそも普段の英語との関わりにおいて、社会性の高い話題についての英文を読む機会があると思うが、その時に内容理解で終わってはいけない
読んだ内容を人に伝えたり、自分の意見を述べたりするところまでを射程に捉え、「アウトプットの際に使える語彙・表現はないか?」・「話の展開や論理構成はどのように組み立てられているか?」といったように、参考にできることを見逃さない鋭い眼で読むことで、「アウトプットのためのインプット」の質は格段に向上する。

空虚なアタマのまま「対策」に走るか、超高速の脳の働きを目の当たりにするか?

英検「対策」の授業と言っても、英作文問題のために模範解答を音読・暗唱させるようなものであれば、生徒の脳は実質ほとんど動いておらず、空虚なものである。
仮に、目の前の生徒が自力で理由を3つ考えることができず、まずはモデルを追わせるのであれば、他人の書いた「模範」解答などではなく、教師自らのモデルを提示すれば良い話ではないか。

Hirohitoの場合は、試験対策に限らず、生徒のイイタイコト and/or あたし自身のアイディアを英語で表現するためのモデルを片っ端から示していく。(この際には、まず生徒に考えさせて…などというムダな時間は使わない。どうせ大なり小なり修正が必要になるのだから、正しい英語表現を学ぶ部分こそ他人(教師)の力に任せてもらって、それを頭に定着させる練習を行った方が、よっぽど効率が良い。

模範解答や解答例というのはエッセイを書いた「結果」でしかなく、生徒にとって本当に役立つのは、アイディアの発想と英語で書いていくための「過程」であろう。
このブログを読んでいるような学習者諸君には、その過程における高度な脳の働きに触れつつ自らの脳もフル回転させ、真の意味で英検の出題変更の意向に沿った実力を示した上で目標を達成していただきたい。

☆Here is the Path to Wonderland★

  • Write an essay on the given TOPIC.
  • Give THREE reasons to support your answer.
  • Structure: Introduction, main body, and conclusion
  • Suggested length: 200-240 words

TOPIC
Should learners of English be encouraged to copy and paste model essays of the Eiken test?

No comments:

Post a Comment