Sunday, 6 October 2013

カタカナ英語に合わせて踊りましょう!と呼びかける "人気” 英語教員

あたしの講師登録先の1つで、(現状は)かなりの"人気"を集めていらっしゃる講師が、Facebookのコミュニティーで、「AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』に合わせて講師やスタッフが踊る promotion movieを作りませんか?」などと、「真剣に考えて」提案してきた:

これは真面目に考えて投稿することにいたしました。
決して冗談ではございませんです。
本日新聞に載っておりましてはじめて知りました。ただ今 日本国を席捲しておるらしい AKB48 のこの踊り。 
公式認定を目指して地方自治体も参加。
スタッフの方中心になって 私たちも参加してみませんか。とっても良い宣伝になると思うのです。
各国に散らばっている講師に自分で自分を撮影してもらって送ってもらい[事務局に]編集してもらう。勿論 スタッフも踊る [...] み~んなたのし~くにこやかに踊る のです。[...] これでしたら ちょっとずつですが 新人講師の方々の楽しい素敵な一面をみなさんに見ていただく良い機会になるのではないか 会社イメージUPにつながり認知度もUP になるのではないか と真剣に考えております。
因みに 公式認定された動画をいくつか紹介しておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lXs96toe-B8
http://www.youtube.com/watch?v=Bi4Ikk835Bs
http://www.youtube.com/watch?v=OjfxJ2HP_d8
公式認定されなくても注目度大ですのでCM効果は絶大と考えます。
勿論 必要でしたら私も夫と踊りますです。実はこういうの大スキなのです。
ご賛同の方 いいね をぜひぜひお願いいたします
http://www.youtube.com/watch?v=ZCNiY-j6VsI
※一部、固有名の出ている箇所を修正・削除しましたが([...]で表記)、それ以外は原文。


それに対してあたしが送ったメッセージは以下の通り:
Hirohito Kanazawa 
 [XX]さま
はじめまして、Hirohitoです。最近Facebookアカウントを取得し、当コミュニティーに参加させていただきました。
さて、この件、初対面で非常に不躾かもしれませんが、実現の方向に「行かないように」懸念を示しておきたいと思います。
私が気にしているのは、この曲がカタカナ英語満載であるということ。サビの「フォーチュンクッキー」に対する音符・リズムの乗せ方が、"fortune cookie(s)"よりもやはり多く、カタカナ語の音節構造に基づいています。
もっと目立つところでは、「リズム」という歌詞が完全3拍になっている箇所がありました。
[...] オンライン「語学」サービスですし、やはり英語のニーズが高い事情もありますよね。
そこを運営しているスタッフや、教えている講師が、単なる流行に飛びついて、カタカナ英語に合わせて踊っているのは好ましいように思わないというのが私の意見です。
もちろん、そこを逆利用して、「途中で "fortune cookie(s)"や"rhythm"の発音解説を挟む」とかするのであれば、語学サービスとして真っ当な宣伝効果になると思います(^^)v
今回の[XX]さまのアイディアにつきまして、他の方がどのように思われるか分かりませんが、ことばを扱うプロ集団としての誇りを持った決断がなされることを期待します。
Hirohito
議論の結果としては、あたしのコメントに他の講師の方がイイネをくださり、翌日気がついたら、提案を出した"人気"講師様は上の投稿を削除していましたとさ。

(考えを改めて投稿を削除してくださるのは良いのですが、コメントに対する個別の返信もなく無言でなかったことにするのはどうかと。ことばを教える立場なら、「ことばを発信することのリスク」に対する責任をわきまえてほしいところです。)

★Here is the Path to Wonderland☆

一人ひとりが、まともな授業をして生徒の力を伸ばす。
それ以上の宣伝はないと思うよ。





No comments:

Post a Comment