Tuesday, 28 November 2017

上智大学文学部英文学科 合格! (mirioさん)

【※注】:ブログトップの FEATURED POSTをご覧の方は ↑↑↑タイトル↑↑↑ をクリックして詳細をご覧ください。

ガリレオ研究室「本物の高校英語」レッスンを継続受講中で、昨年は英検準1級にも合格した mirioさんが、上智大学文学部英文学科の推薦入試で見事に ☆合格☆ を掴み取りました!

上智大学文学部英文学科 合格!

==========

■ ご本人およびお母様からの感想

生徒名:mirioさん


 上智大学文学部英文学科合格!

合格学部・学科の志望動機は?


 少人数教育・カトリックの教えの下で、4年間の学習を通じて実践的な英語力を身につけることができるから。また、2017年度から始まった文学部横断型人文学プログラムで、学科を超えて舞台芸術の世界について学ぶことができるから。

指導内容について


 推薦入試の学科諮問で出題される英文和訳・和文英訳試験の対策

ガリレオ研究室の指導で試験に役立ったと思うこと・本番で意識した指導内容は?


 学科諮問に関する資料が少なく、何から手を付けたらいいのかわからない状態でしたが、先生が適した教材を探してくださり*、自分の取り組むべき課題が分かったと同時に、本番に近い形のもので練習できたため大変助かりました。特に和文英訳では和文和訳の段階から指導してくださったので取り組みやすかったです。

*ガリレオ注:出題形式が類似していたので、英語教員向け雑誌である『英語教育』の「英文解釈 / 和文英訳演習室」を教材に演習を行いました。

 試験当日は会場にこれまでのレッスンのweb資料と先生からいただいたメールをプリントアウトして持ち込み、時間ぎりぎりまで眺めて気持ちを落ち着かせていました。先生にご指導していただいた通り、英文和訳では英文構造と全体の文脈を、和文英訳では自信のある英文構造に持ち込むことを意識しました。

大学入試を経験して、後輩に向けてアドヴァイス・メッセージをお願いします。


 入試対策を始める際、先生がしてくださった受験ガイダンスが印象的でした。悩みを相談させていただき、志望校の憧れポイントを書き出したことで志望校への気持ちが明確になり勉強へのモチベーションが上がりました。「何のために勉強しているのか」を考えると、自然とやる気が出てきます。入学した後の大学生活を想像して、受験勉強を乗り切ってほしいと思います。

その他、感想など(お母様よりご感想をいただきました)


 こちらの希望に迅速に対応していただいております。英検、TOEIC、大学受験など様々な試験対策もお願いできるので、英語全般を総合的に先生にお任せできるのが、ガリレオ研究室の魅力だと感じております。

Galileo's English Lab_logo
「本物の中学・高校英語」レッスン詳細ページへ!

==========

春先には大学入試への不安も覗かせていましたが、志望校への【憧れ】を胸に着実な努力を重ね、ガリレオの求める高い水準の和訳・英訳答案を目指して指導内容を吸収していった結果が実った、非常に嬉しい報告です!

この【憧れ】というのは、ガリレオ自身が高校時代の恩師から学んだもの。志望校への憧れが弱いと、例えばこれからの入試直前期に、模試の判定やセンター試験の出来によって、極めてあっさりと「あの大学やめてこっちにするわ。」と目標を下げてしまいがちになってしまう。

しかし、一度そのように気持ちを緩めてしまうと最後、雪だるまが坂道を転がるが如し。結局は本人にとって「行ける大学」に過ぎない進学先にテキトーに収まることにしかならなくなってしまう。

その意味でも、「行きたい大学」への合格を勝ち取った mirioさんの結果は尊い。ぜひ大学でも大いに学び、さらに見聞を広めてほしいと思います。


☆Here is the Path to Wonderland★

英文学科に進学するような英語好きの生徒にこのように支持してもらえるのは非常に嬉しいことです(^_^)v

とは言えもちろん、ガリレオ研究室の「中学・高校生向けレッスン」では、どのような進路を志望する学生でも大歓迎です!特に理系の生徒には、英語学に基づいた論理的な説明がきっとハマるはずと自負しています。

「暗記強要」でも「こじつけ解説」でもなく、学術的に真っ当な理解を元に英語を得点源としたい学生はぜひ、ガリレオ研究室の門を叩いてほしい。



Skypeレッスン初回(x2)無料体験実施中!

Galileo's English Lab_logo

お問い合わせはこちら

No comments:

Post a Comment