Friday, 2 February 2018

英語学習Q-A: ノートはどう作れば良いですか?

■【GSI】: Galileo Studies Italian ~ノート2冊目へ~

本記事では、ガリレオのイタリア語学習の進め方を紹介しながら、英語をはじめとする語学学習者のために「ガリレオ流ノート論」を示してみたい。

さて、現在進めている問題集 Nuovo Progetto Italiano 1のために用意したA4ノートが、本日 Unità 8の半ばで 2冊目に突入しました。

イタリア語ノート
ガリレオのイタリア語学習ノート

効率を考えれば問題集に直接書き込んだ方が早いわけだし、別に「ノートを作ること」それ自体がエライとも思わない。結論から言えば、どれだけノートに残したかではなく、どれだけに残したかである。ノート作りで満足して反復練習を疎かにするくらいならば、さっさと問題集に書き込んでしまって、浮いた時間で音読などのトレーニングを積み重ねた方が良いという考え方もある。

そうは言いつつも、ガリレオ自身の語学学習は「かなり書く方」だと思う。
  • 現在(イタリア語)
    → 問題集の本文は全てノートに書き写して取り組む。
  • 中学・高校(英語)
    → 教科書本文をノートに書き、授業中の説明を書き加える。
  • 大学時代(ドイツ・フランス語)
    → リスニングの比重が高いテキストを題材に、片っ端からディクテーション
英語ノート
高校1年生時代の英語ノート

ちなみにイタリア語でも、大学時代ほど学習全体に占める比重は高くないものの、リスニングの問題は自力で聞き取れる限界まで全文ディクテーションに取り組んでいる。

■ 書写心得

ここで、「教科書や問題集の本文をノートに書き写す」ということについては付言して注意を促しておきたい。ただ漫然と転記するのは「作業」であり「学習」ではない。労力に見合うような効果も期待できないであろう。

あくまでも、覚えられるギリギリの長さの文・フレーズを短期記憶に保持し、その覚えたものを書き出していくことが大切。音読における Read and Look upと同じ要領である。

ガリレオも、イタリア語では「覚えられるギリギリの長さ」というのは本当にまだまだ短いものです( ̄▽ ̄;) それでも、継続してやっていくことで、何度も出てきた表現やシンプルな構造であれば、文単位で一気に書けるようなものが少しずつ増えてきました。

★ Here is the Path to Wonderland☆
Ho dimenticato la il cellulare a casa e devo tornare a prenderlo.
(I forgot the cellphone at home and have to go back to get it.)

↑ 試しに一番最近やった問題の例文を上の方法で書いてみた。
cellulareは男性名詞か…(-。-;


Skypeレッスン初回(x2)無料体験実施中!

Galileo's English Lab_logo

お問い合わせはこちら

No comments:

Post a Comment