Friday, 31 May 2013

自分を、呪わないこと。

ことばの力

言霊信仰…とまでいうと大げさですが、やっぱり考えを「ことばに出す」と、何かしらのエネルギーが発せられるように感じます。
ある意味では、日本的な奥ゆかしさの文化の表れでもあるとも思うのですが、英語学習者が自分の話す英語について、よく以下のようなことを言ってしまうのを耳にします:
  • 私、英語できないんで…
  • 文法全然わからなくて…
  • 発音ダメダメです…

うん、文法間違ってるよ。発音、直すべきポイントがあるよ。( ̄ω ̄)v
…「そんなことないですよ!」って方向のことを言うと思いました?(笑)

でもねっていうか。
いま既に「英語できるんだったら」・「文法余裕でわかるんだったら」・「発音完璧だったら」…英語、学ばなくて良いでしょ。
あなたの英語人生で大事なのは、
これから英語ができるようになること
です。

記憶と自己評価

「今は英語ができない」という現実それ自体は「気の持ちよう」で変わるものではないですが、
  • これから私は英語ができるようになる!
  • 私は文法が理解できる!
  • 正しい発音は練習すれば必ず身につく!

…などなど、毎日唱えましょ?
自分の脳に、いい暗示をかけましょう。
ことばの力で、自分をコントロールしましょう。

「何かを記憶する」のも、「快・不快を感じる」のも、「自分についての評価を下す」のも、全部人間の脳のはたらきです。
なので、ポジティブなイメージを持って学習した方が、記憶力って上がるものなんだそうです。

★Here is the Path to Wonderland☆


「自分はできない」と、自分に呪いをかけるのはやめよう。
現実に向き合った上で、ポジティブなイメージとともに学習をした方が、
効果も上がるし、何より楽しいです♪

No comments:

Post a Comment