Monday, 7 May 2018

高校英文法×英語学|文型×行為連鎖 4. SVOO|授業動画アップロード

■ "bequeath"なんて動詞も文型に注目すれば 0.01秒で頭に入る!



↓↓↓動画リンク↓↓↓
https://youtu.be/VUGo5-1WAHA
※うまく再生できない場合は上記URLをご利用ください。

ガリレオ研究室の掲げる「言語研究と語学学習の架け橋を目指して」というコンセプトのもと、高校英文法を英語学の視点から捉え直した解説動画をアップしていきます!

=====

本動画について:

  • O1 HAVE O2(=所有関係)が肝!
  • to-与格構文と for-与格構文の違いとは?
  • 二重目的語構文の仕様は拡大傾向
「JohnがMaryにプレゼントをあげた」ということを表すのに、"John gave Mary a present."と "John gave a present to Mary."の2通りの言い方があるのはなぜ?

giveだと to Maryなのに、buyだと for Maryと、異なる前置詞を用いるのはどうして?

SVOO(二重目的語)の文型にまつわる疑問を完全解決!

=====

チャンネル登録・高評価もよろしくお願いしますm(_ _)m


Skypeレッスン初回(x2)無料体験実施中!

Galileo's English Lab_logo

お問い合わせはこちら

No comments:

Post a Comment